ほんだなぶろぐ

読んだ本、漫画、見た映画などについてのレビューを、備忘録を兼ねて行っております。

世界は公正か? 「羅生門・蜘蛛の糸・杜子春その他短編」

文学と「地域性」「時代性」そして作家の「人間性」というものは切っても切り離せない関係にある。出展は失念してしまったが、村上春樹が登場したとき、「畳の匂い」がしない文学だ、と批評があった。デビュー作の「風の歌を聴け」では、なるほど、ジャズやビーチボーイズが流れ、中国人バーテンダーが経営するバーにフランス人水兵がいて、親友はイタリア車のフィアットに乗っている。
これをイチャモンだと切り捨てることもできるが、この批評の裏には「いやしくも日本語で書かれた小説を発表する日本人作家であるなら、日本人が共有する問題について論じるべきだ」という思いがあったのだと深読みすることもできる。(村上春樹は日本人に共通する問題について取り組んでいないのか?と言われると、そうは思わないのだけれど、長くなるので今回の文章では割愛する)

では、逆にどういう文学が「畳のにおい」のする文学か?と考えたとき、例えば芥川龍之介は確実に「畳の匂い」のする文学だろう。それはなにも、舞台が日本で、日本人が出てくる古典だから、という理由ではなく、扱っている題材がきわめて日本的であるからだ。(反対に、例えば遠藤周作「沈黙」のようにポルトガル人宣教師が主人公であっても日本的な「畳の匂い」のする文学は成立する)
古来より日本人の行動原理や行動規範にあたるものは、「公正世界仮説」に基づいているのではないかと思う。公正世界仮説とは、「世界は常に公正な裁きを下す存在であり、この世界に生きる人間は全員、最終的には悪いことをすれば罰を受け、正しいことをすれば報われる」という考え方だ。よく我々は「お天道様が見ている」とか、「世間に顔向けができない」「バチが当たった」「日頃の行いがいい」などと表現するが、これは「公正世界仮説」に基づく考え方と言える。

 

羅生門 蜘蛛の糸 杜子春外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)

羅生門 蜘蛛の糸 杜子春外十八篇 (文春文庫―現代日本文学館)

 

 

続きを読む

風を入れる必要はなかったか? 82年生まれキム・ジヨン

一読して心にもやもやが残った。言ってることはわかるけど、こんなにもやもやするのは自分が男だからなのだろうか?何か飲み込みきれない気持ちが残り、素直に読めない。本書の解説を読んでそのもやもやの正体がおぼろげながらわかった。これは問題のある本だと思う。差別を語るうえで絶対にしてはいけないことをしている。それは、「記号化」だ。
「ママ虫」は唾棄すべき卑劣な言葉だが、それを言った心無い「男性」とこの本は本質的に変わらないのではないか? 人は記号に対してはどこまでも残酷になれる。いかに温厚で優しい人間であっても、記号に対しては冷酷になることができる。

文学の使命は記号を異化して個別の世界を構築することではないのか? これまで単なる記号だと思っていたものを咀嚼して展開させ、読者に分かる形で提示することではないのか? この本はあえて文学性を排除しているが、それはなぜか? 記号化の結果、現実よりも問題を単純にしてしまったことについて、ぼくは異を唱えたい。それではヘイトと変わらないと。

 

 

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本)

 

 

続きを読む

東でも西でもないアメリカ 「グリーンブック」

1962年、黒人は白人のいる病院、バス、電車、レストランなどに入れないという人種差別的内容を含んだジム・クロウ法が有効だった時代のアメリカ南部。そのアメリカ南部をあえてリサイタルツアーで旅する黒人の天才ピアニストの「ドク」と、彼の用心棒兼運転手のイタリア系アメリカ人トニー。今、どうしてこの二人のロードムービーアカデミー賞作品書という高い評価を得ているのだろうか?かつてこのような差別はあった、というリファレンス的な、歴史的な価値を見いだせたとしても、今この映画を評価する意味などあるのだろうか?

映画を見たあとでぼくは思った。確かに今この内容の映画を撮る意味はある。まず、そのヒントは、ドクの境遇だ。もしも単なるリファレンス的な意味での黒人差別を描きたいのなら、天才的なピアニストという才能(ギフト)を持った人物でなく、農場で働く黒人を主人公にするべきだ。そうすれば当時の黒人がいかに過酷な差別の中で生きてきたかがわかる。
しかし、グリーンブックはそうしなかった。それは一体なぜなのか?それはきっと我々人類が「次の段階」に来ているからだからだ。東でも西でもないアメリカ。沈黙していたはずの多数派、サイレントマジョリティーの逆襲が作品に対してインパクトを与えている。この作品においてぼくはそれを強く感じた。以下でそのことについて書きたいと思う。

 


【公式】『グリーンブック』3.1(金)公開/本予告

 

続きを読む