読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんだなぶろぐ

読んだ本、漫画、見た映画などについてのレビューを、備忘録を兼ねて行っております。

いまさら聞けない株のはなし?「超初心者の株入門」

 
恥ずかしくて、いまさら聞けない。なんて銘打ってありましたが、あまり資産運用の話っておおっぴらにしませんよね。機関投資家同士ならまだしも、普通の会社員がそういう話をするのってちょっと抵抗があります。
でも、何年か前に辞めた同僚が、実は株で収益が出ているから辞めたんだと最近になって初めて知りました。意外と話題にしていないだけで、みんなやっているのかも…? 
 
本書のボリュームは少なめで、以前紹介した「それでもやってみたひとのための株」よりも内容が絞ってあります。
 
株の注文の仕方や、売り方、配当、売買差益の考え方、有望な株を見つけるための決算短信の見方、ロウソク足チャートの見方など、株取引の大まかな流れが学べます。
 
不景気のときは、低金利になり、金利の低さから貯金よりも株に人気が集まって、景気がよくなると高金利になり、リスクのある株よりも預金に人気が集まるようになります。
経済はこの繰り返しであり、これら要因から常に変動しています。
 
本書はボリュームが少なく、金額も安いこともあり、興味はあるけど、厚い本は読めるか心配、という人向けなのではないかと思います。kindleでさくっと読める軽い感じの本です。